top > ディプロマ試験案内 > 危険物(M2)コース (Category 3)

IATA ディプロマ

危険物(M2)コース (DANGEROUS GOODS REGULATIONS-INITIAL / Category 3)

■IATA危険物規則書(DGR)についての関連書類、輸送梱包等の専門知識を問う

学習内容

危険物の輸送に関する専門的な知識が試されますが、特に

  1. IATA DANGEROUS GOODS REGULATIONS (IATA) 危険物規則書の正確な適用
  2. 危険物の輸送に関する輸出者、貨物取扱店及び航空会社の適正な取扱いについて
  3. 適確な梱包、マーキング、ラベリング
  4. 危険物輸送の諸条件を満たした危険物申告書及び航空貨物運送状の作成等についての質問が出ます。

IATA危険物規則書をよく理解して、危険物輸送の特殊性に習熟することが必要です。

教材内容

英文教材

  1. Dangerous Goods Regulations Course Guide
  2. Dangerous Goods Training Programme Workbook1
  3. Dangerous Goods Regulations (IATA危険物規則書)
IATA危険物規則書(DGR)

 

和文教材

  1. ICAO-IATA危険物規則の抜粋・解説
使用教材

 

試験時間

試験時間は3時間30分です。
試験では、英文教材としてお渡しするDangerous Goods Regulations (IATA危険物規則書)を参照して解答します。
試験の配点は100点満点で、80点以上得点すると合格し、Certificate (ディプロマ)が授与されます。

受講料

非会員価格    53,000円
JAFA会員価格  42,500円 (適用には条件があります・事務局までお問い合わせ下さい)

受講登録(Enrolment)方法

JAFAホームページよりご登録下さい。
Diploma試験案内→受験申込手続き・合格発表→「個人申し込み<各コース共通>より 受講募集期間中にのみサイトを開きますのでご登録下さい。

個人申し込みの方はこちら

受講登録の手順は受講募集期間になりましたらホームページ ディプロマ受講・受験ご案内 1.受講申込要領に掲載します。詳しい内容はこちらから

“HOW TO APPLY THE IATA DIPLOMA EXAMINATION”
受講登録(Enrolment)のあと、IATAモントリオールより英文教材到着後、全ての教材をお送りします。

同封してお送りする「手引書」を参考に自学習をしていただきます。

試験(Registration)のご案内をお送りします。

試験は年4回(3月・6月・9月・12月)実施します。受験有効期間は12か月で、2回まで受験可能です。受験有効期間が経過あるいは2回とも不合格になると受験資格は失効し、改めて受講登録(Enrolment)が必要です。
詳しくは「受講登録年月別 受験可能年月一覧表」をご覧ください。
なお、受験のご案内はご登録のE-mailアドレスへお送りします。
詳しい内容はこちらから

事前講習会のご案内をお送りします。

試験の約1か月前から試験開催地にて受験者を対象に実施します。
試験対策の講習会ですので自学習を前提としてご参加下さい。なお、事前講習会は任意参加です。
事前講習会のご案内はご登録のE-mailアドレスへ、受験ご案内と同時にお送りします。
詳しい内容はこちらから

受験票・試験実施要領をお送りします。

試験の約10日前に受験票および試験実施要領をお送りします。
添付の地図を確認の上顔写真付き身分証明書を持参の上試験会場へお越し下さい。
試験会場へ持ち込めるものは試験実施要領に明記いたします。

合否結果をお知らせします。

試験の約1か月半後に合否結果を発表します。ご案内はご登録のE-mailアドレスにお送りしますのでJAFA Webサイトからご確認下さい。JAFA ホームページ→ディプロマ試験案内→受験申し込み手続き→合格発表でも公表します(受験番号のみ公表)。

ディプロマをお送りします。
IATAディプロマ

合否結果のお知らせから約3週間後にIATAモントリオールにて発行のIATAディプロマをお送りします。

試験をクリアするための重要なポイントを動画でご紹介していきます。
初めての受験などで、なにから手を付けてよいか分からない、という方はぜひご覧ください。

YouTubeからもご覧いただけます。

ディプロマについて ディプロマ受講・受験ご案内